ラブラドール写真集

  • 冬の庭とラブラドール
    私が撮影した愛犬の写真集の中で特に好きな写真を紹介します。

最近のトラックバック

2017年1月 5日 (木)

梵天丸、今年もよろしく

梵天丸も昨年、12月30日に3歳になった。
子犬のころ、月齢で10か月で42キロだった彼も
立派な骨格と筋肉の鎧を身に着けて雄犬として最も美しい時期を迎えた。
現在、39キロ、十分に発達した皮下筋肉は骨量たっぷりな骨格を支え
山の暮らしには十分なラブラドールとしてい完成された感があります^^
この骨格と筋肉の美しさはブラフの孫というところが大きいと思います。
 
 
Img_20170105_082651_r
 
あまりの美しさに飼い主が感動です^^
 
 
Img_20170105_083005_r
 
ラブラドールレトリーバーは山に合いますね。
 
Img_20170105_082618_r
 
2007/01/05 撮影
 

2016年9月30日 (金)

犬の殺処分ゼロを願うか・・どうかな

下記の動画は
『殺処分ゼロを願って描かれた一冊の絵本』だそうだ。
 
https://www.youtube.com/watch?v=gew_Z76tZpo
ご覧になられた方の感想を求めます。
犬の十戒にも似た出だしですが、
個人的に言えば、なんとも思いません^^
殺処分ゼロを目指すなら・・
『野生のエルザ』という
https://www.youtube.com/watch?v=GmvSmVL9JMc
をご覧あれ
別に態々処分しなくても、野生に返せば・・・・(まて
あぁ、
私は、一方的に『ぼんちゃんLove』ってことで
他所は他所と思うことにいたします^^
 
 

2016年8月 8日 (月)

梵天丸、夏の旅行

今年も那須塩原、日光へ旅行へ行った。
いろは坂を登った明知平にて休憩です。
Img_20160806_125119_r
明知平から見た山です。Img_20160806_131920_r
 
戦場ヶ原の駐車場にて休憩
戦場ヶ原にある休憩所にて飯です^^
パーキング内、向かって一番右のレストハウスは犬OKです。
ただし、2階オープン席のみらしく^^
ぼんちゃんは階段を登らないので飼い主が抱えて上がったらしくww(泣ける
 
Img_20160806_134149_r
 
旅館にて
いつも、このホテルです^^
雰囲気も良く、リーズナブルです^^

Img_20160806_171740_r

 
ホテル近くを散歩しているとエヴァンゲリオンに遭遇^^;
梵天丸もATフィールド全開と・・ww

Img_20160806_173000_r

 
塩原には格安の足湯、ゆっぽの里があります。
そのゆっぽの里の裏手には軽く歩けるコースがあります。
飲温泉(無料)のBOXも有りました^^
 

Img_20160807_055628_r

 
ハンターマウンテンにてゆりパークへ行ってみた^^
この時期になると、上のほうは見ごろ終了でした。
まぁ、ぼんちゃん眠そうww
 
Img_20160807_091800_r
Img_20160807_093022_r
 
日本列島、酷暑の中、涼しい高原を散策しました^^
 
追記>
今回の旅で、梵天丸もエレベーターに乗れるようになりました。
様子を見ていると、かなりの勢いと気合が必要らしいですが、
1歩、成長したんですかねww
 
 

2016年7月24日 (日)

梵天丸、夏の朝の風景

夏の朝、写真を撮ってみた。
2歳半、これから益々、雄犬の一番いい頃へと向かいます。
Img_20160724_061907_r
角度を変えて遠方より撮影^^
上腕もしっかりしていますなぁ~^^
Img_20160724_061838_r

2016年5月 2日 (月)

梵天丸、笠間方面漫遊する

4月29日、笠間方面へ行ってみた。

観光がてら北山公園経由、第35回 笠間の陶炎祭見学といったところです^^

当日、北山公園は駐車場無料^^でした。

長い滑り台と池がありました。池の中には大きな鯉が泳いでいました。

滑り台を滑るときは公園入口の管理事務所から尻板を借りて(無料)滑るみたいです。

滑り台は丘の上から下まであるので、ある意味登山><。。

頂上付近で躑躅をバックに記念撮影^^

Img_20160429_110410_r

で、次は笠間の陶炎祭見学です。

笠間芸術の森公園やら近辺でやっています。

当日、駐車場料金300円です><。。。

で、行ってみると・・

Img_20160429_141841_r

会場の方は混んでいましたがww

こんな感じでした。

Img_20160429_142128_r誰もいない・・。

Img_20160429_142017_r思いっきり、走りました。









2016年4月 8日 (金)

ラブラドールに似合う花からの考察

 愛犬と散歩がてら公園で写真を撮った。気が付いたのだがラブラドールほど桜が似合う犬はいないのではないか、桜を愛おしそうに眺めるこの姿は日本人の心を擽ります。
Img_20160408_091747_r
 ラブラドールは北欧のラブラドール半島が出だとどの図鑑にも記載されていますが本当だろうか。私は上記写真の姿を見てラブラドールは日本古来の犬種であると確信します。桜の良さ、侘び寂びをもラブラドールのDNAが理解していると確信するのです。

 すなわち、ラブラドールは日本古来の犬種である!とか考察できる。

 ちょっと、逃げ腰wwです。信じないようにww





2016年4月 6日 (水)

梵天丸、桜が似合う^^

 

今年も桜の季節になりました。
昨年と同じ場所で^^撮影しました。

昨年は
Img_20150409_171438_r
な、梵天丸でしたが

今年は
Img_20160406_143023_r_6
な、梵天丸でした。

恒例の裏山散策

Img_20160406_144534_r
木漏れ日の中、のんびり歩く裏山は
間伐材に囲まれていました。

 




梵天丸、山を歩く

裏山を歩いてみました。
すぐ裏のロータリークラブで整備した遊歩道です。

Img_20160325_144148_r_2

のんびり、散策です。

Img_20160325_144914_r_2

木立を抜けると、湿地帯がありました。

Img_20160325_145228_r

しばらく、歩き、いつもの古徳沼です。

Img_20160325_151212_r

幼い白鳥が、旅立ちを忘れて残っていました。

Img_20160325_151321_r

犬と山歩き、花粉症でなければ・・楽しいです^^


2016年1月26日 (火)

雪が降ると犬は庭を駈けまわるか?

いわゆる、
『雪やこんこん、あられやこんこん・・
   降っても降っても・・
 犬は喜び、庭駆け回り・・』
が真実であった映像です。さすが、梵ちゃん・・犬ですなぁ




2016年1月21日 (木)

愛犬のウェイトコントロール

ラブラドールレトリーバの場合は股関節形成不全という疾患が多くみられる。
その為、ウェイトコントロールと運動制限は重要なポイントとなる。
では、私の場合の管理方法を紹介します。

子犬の頃

子犬には成長のための栄養が必要である。子犬は代謝も多いのでカロリー高めの栄養を十分に与えることが必要である。子犬専用の餌を与えることで内臓や骨格の成長を促し遺伝として継承されている体格を最大限に引き出すことができる。ただし、栄養過多になる場合が多い。食餌の量は下痢をしない程度という目安が重要になる。下痢をしない程度といっても体重がぐんぐん増える。重要なのは子犬の遺伝形質や骨格を考慮しなければならないということである。 親犬を知ってから子犬を飼えということなのである。体重が増えることで股関節に荷重がかかり股関節形成不全を引き起こす場合がある。そこで、考慮するのはむやみに走らせないことである。まだ骨の成長途中である場合は骨や靭帯も成形途中なので走らせない事が重要である。1歳半を超えるころまでは無理をさせないことが重要である。
00k_1536_r

成犬になったら

特に体が大きくなるオスは去勢(以下、不妊手術と示す)を行わない方が良い。不妊手術を行うことで代謝が弱くなり太る。前述したように太ることで股関節に荷重がかかり股関節形成不全を引き起こす場合がある。そこで、不妊手術は行わない方が良いといえる。股関節に問題がなければ皮下筋肉を鍛えることでより強靭なラブラドールとしての体格が形成されオス犬の最も美しい時期を迎える。
Img_20150315_115952_r

では、この場合のコントロールはどうだろう。増えた体重を落とすためには餌を高カロリー高たんぱくの物から総量調整はせず低いカロリーの物へと変えれば代謝>餌となり体重は落ちる。そこで、成長が落ち着き始めたら成犬用の餌を給餌する。信頼できる獣医師に相談し老犬までの長い期間、適切な餌を選択してほしいと願う。

«梵天丸、最近クールになる

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

犬ブログ

犬の本

無料ブログはココログ